これぞ大人のアニメだ!大人向けおすすめ厳選アニメランキング TOP10

2017/08/15マンガ・アニメアニメ, ランキング

どうもーコアラです。

僕はアニメが好きです。一時期、家にいる時はトイレ、食事、お風呂、寝る以外ほぼアニメを観ていた時期があるぐらいです。
2年間以上に渡ってTVで放送されていた、ほぼ全てのアニメを視聴していました。
(途中で心折れたアニメもありますけど…)

なので恐らくTVで放送されたアニメだけでも200作品ぐらいは観ているとは思います。
今度時間あるときにでも数えてみます。

そんな僕ですが今回アニメに関する記事を3つほど連載で書いていきます。

第三弾はおまけみたいなもんですが、是非とも第二弾、第三弾の記事も読んでみてください。
更新情報はTwitter(@hotkoala_)でお知らせするのでお気軽にフォローしてくださいね。

はてなアカウントを持っている方は僕のサブブログで更新情報をお届けするので読者になっていただけると嬉しいです。

さて、今回の第一弾「これぞ大人のアニメだ!大人向けおすすめ厳選アニメランキング TOP10」です。
ネットでいろいろな方が似たような記事を書いてはいるんですが、とにかく幅が広い!広すぎる!!

そりゃ中にはいい作品もあるけどそうじゃない!
ランキングなんだからただ羅列すれば良いってもんじゃないでしょーよ!!

なので僕は「これぞ大人のアニメだ」と思えるアニメだけを“超厳選”してランキング形式で紹介します。
紹介作品は男性向けが多いように見えるかもしれませんが、もちろん女性でも楽しんでもらえる作品ばかりです。

では早速ランキングをご紹介!っとその前に。
“超厳選”と言うからには……どういう基準で作品を選んだのかを軽く説明しておきます。

目次

大人向けアニメランキングの作品選定基準

個人的に20代後半からが最も楽しめるんじゃないかと思う作品だけに絞りました。
少なくとも僕は20代前半の頃はランキングに入れたアニメの面白さが分からなかったかなと思っています。

あくまでも、子供が見ても恐らく良さがなかなか伝わらない「大人だけをターゲットにして作られているであろうアニメ」だけです。
なので、あえて子供~大人まで楽しめる作品は除いています。

例えばロボットアニメなどは子供が見ても割と楽しめると思っています。
大人になってから観ると何倍も楽しめる「機動戦士 ガンダム」のような作品もありますがこれらも除外しています。

恋愛系のアニメなども基本的には若い世代(10代~)でも面白いと思うので除外しています。

そんな『大人だけが楽しめるアニメ』の中から、僕が今まで観た作品で

  • 特に面白い
  • 人に薦めたい
  • ストーリーが秀逸
  • もう一回観たい

と思えた作品だけを厳選してランク付けしました。

何を見たらいいか迷っている時に参考にしてもらえたら嬉しいです。
それではランキングを発表していきたいと思います。

10C – THE MONEY OF SOUL AND POSSIBILITY CONTROL

「C – THE MONEY OF SOUL AND POSSIBILITY CONTROL」の作品情報

原作・原案 オリジナル作品
制作 竜の子プロダクション
話数 全11話
放送時期 2011年4月~2011年6月

概要

20xx年の日本、ある政治家の活躍により財政危機は回避され日本経済の復活が宣言された。
しかし、依然として国民の生活は苦しく、景気の回復を実感する者は少なかった。

混迷の時代の中、幼くして両親をなくした大学生の余賀公麿は、公務員になって平凡でも安定した生活を送ることを夢見ていた。
そんなある日、公麿の前に謎の男が突然現れてこう言った。
「あなたの未来の可能性を担保に、お金を貸します。そのお金を、あなたの才覚で運用してみませんか?」

その不思議な出会いを機に、公麿は金融街といわれる不思議な世界に巻き込まれていくのであった。

ニコニコ大百科『C(アニメ)とは (シーとは)』より引用

一言レビュー

このアニメに関しては一見するとファンタジー(異世界系)のバトルアニメに見えるのですが、実はそうではなく現実世界のお金の流れを異世界やバトルにして表現されている。
誤解を恐れず、有名な作品で例えるのなら『サマーウォーズ』に近いと思う。
(サマーウォーズはプログラムを異世界で表現。Cは金融を異世界で表現している。)

僕は最初にこのアニメを見た際に前情報なしで見たので後半になって金融の世界を表現していると気がついた。
主人公がミダスマネー(つまり銀行)から未来の可能性を担保にお金(融資)を借りてお金を使って勝負する。

これってまさに事業や投資そのものではないかと思う。
そういった視点で見てもらえると表現しようとしているものが見えてきて色々と考えさせられる場面も多く、面白い。
経済のことや経済学を知っている人なら僕よりもさらに楽しめるのではないかと個人的には思っている。

そして、この作品をおすすめするにあたって無視できないのが、「OP」と「ED」の2曲。個人的には神曲。
【オープニング】 マトリョーシカ / NICO Touches the Walls
【エンディング】 RPG / School Food Punishment

どちらの曲もめっちゃカッコよくて記憶に残る!何度もリピートで聞いたのでこれらの楽曲もおすすめ。

僕は基本的にアニメ作品は見終わった直後が一番『面白かった!』という気持ちが強く、徐々にその評価は薄れていく傾向にあります。
しかし、この作品は少し特殊でした。どちらかというと観終わって時間が経つにつれて『面白かった』がそれこそ利息のように増えていった作品。

それほど記憶に残っていて印象深い。
ネット上にも様々な考察が上げられているので、視聴後にこれらを読み歩くとさらに理解が深まってさらに楽しめると思う。

関連商品

9精霊の守り人

「精霊の守り人」の作品情報

原作・原案 小説『精霊の守り人』/上橋菜穂子
制作 Production I.G.
話数 全26話
放送時期 2007年4月~2007年9月
公式サイト 『精霊の守り人』 公式サイト

概要

この世と平行して存在する目に見えない世界<ナユグ>の「水の精霊」の卵を産みつけられてしまったため、父帝から命をねらわれることになった新ヨゴ皇国第二皇子チャグム。
彼は刺客の罠にかかったところをバルサという短槍使いの用心棒の女性に救われる。養父の罪をあがなうため人助けの旅を続けていたバルサは、チャグムの護衛を引き受ける。
バルサの仲間たちとの交流の中で、皇子という生い立ちとは関係なく一人の少年としてたくましく成長していくチャグム。 バルサは刺客を防ぎながら、「水の精霊」の卵を孵しチャグムの身を守りきれるのか…。

NHKアニメワールド『精霊の守り人』より引用。

一言レビュー

正直なところ、この作品はランキングに入れるかどうか少し悩んだ。

というのもアクションなどアニメーションの動きのクオリティが高く子供でももしかしたら楽しめるのでは?と思ったからだ。
しかし、やはり作画や描写の素晴らしさ、登場キャラの人間性や魅力はあまり伝わらないような気がしたので、ランキングに入れた。

作品に関しては王道の冒険ファンタジーアニメだが、そのストーリーは小説が原作とあって流れが綺麗だ。
大人がしっかりとじっくりと楽しめる内容。
そして壮大な世界観を表現する作画と音楽にも注目だ。

また、この作品に登場するメインの2人のキャラクター「バルサ」と「チャグム」。

2人が出会ってから冒険をしていく中で、様々な人物に出会い、影響を受け、どのように心境の変化があるか。

どのように人として成長していくか。
このあたりが作品のテーマとして しっかりと表現されているのが素晴らしい。

全体を通して、バランスがよく、クオリティも高く、まさに良作と呼べる作品。

関連商品

891Days(ナインティワンデイズ)

「91Days(ナインティワンデイズ)」の作品情報

原作・原案 Vanetti Family(オリジナル作品)
制作 朱夏
話数 全13話
放送時期 2016年7月~2016年10月
公式サイト 『91Days』 公式サイト

概要

禁酒法時代―。法は力を持たず、街はマフィアに支配されていた。

舞台は密造酒の闇取引でにぎわいを見せる街・ローレス。
その街に時を経て降り立つ、アヴィリオ。
彼は、かつてこの地でマフィアの抗争により、家族を殺された男。

ある日アヴィリオのもとに謎の人物から一通の手紙が届く。その手紙をきっかけに彼は復讐の火を灯し、ローレスへ舞い戻る。
そして仇であるヴァネッティファミリーに侵入し、復讐を果たすためドン・ヴァネッティの息子ネロに近づく。

殺しが殺しを呼び、復讐は新たな復讐へと連鎖する。
哀しき運命に導かれた男たちの91日間の物語の結末とは…?

91Days』 公式サイトより引用。

プロモーション動画

一言レビュー

このアニメはストーリーが惹きつける。面白い!

PVをご覧いただければ伝わると思うが、世界観の設定と映像のクオリティがしっかりとしている。
1話目から最終話まで違和感なく観れるので、初心者にもおすすめしやすい作品だと思う。

復習の91日間。この期間の中で復習を誓った主人公のアヴィリオの思考や行動に是非注目してもらいたい。
また、彼のターゲットや周りの人物たちの思惑がまた面白い。

そして舞台はマフィアの世界なのだが、この世界だから表現できるであろう駆け引きは必見!
どの言葉がブラフなのか。どの言葉は信用して良いのか。何のためにその行動をとるのか。
こういった細部までこだわって作られている。

観始めたら続きがどんどん気になるような構成・作品全体のクオリティは秀逸。
とても設定がしっかりしている長編映画のような作品。

関連商品

7昭和元禄落語心中

「昭和元禄落語心中」の作品情報

原作・原案 漫画『昭和元禄落語心中』/雲田はるこ
制作 スタジオディーン
話数 【第1期】 全13話+OVA2話
【第2期】 全12話
放送時期 【第1期】2016年1月~2016年4月
【第2期】2017年1月~2017年3月
公式サイト アニメ『昭和元禄落語心中』 公式サイト

概要

刑務所の落語慰問会で見た大名人・八雲の「死神」が忘れられず、出所した与太郎が真っ先に向かった先は、寄席だった。

拝み倒して八雲の住み込みの弟子となった与太郎だが、八雲のもとでは小夏という女性が暮らしていた。

八雲と小夏には他人が容易に触れられない因縁があるらしく…

アニメ『昭和元禄落語心中』 公式サイトより引用。

プロモーション動画

一言レビュー

落語ってどういうイメージがありますか?
「お堅い」「古臭い」などと思ってしまう人も多いかと思います。

このアニメは僕に”落語”という新しい楽しみを提供してくれたアニメです。
正直言って、落語に対する価値観がガラッと変わりました。
落語に興味がない人には是非とも観てほしい。

なぜなら、価値観を変えるほどのクオリティがあるからなんです。
特に素晴らしいのが声優陣とキャラクターの表情。

作中でいくつも”噺”(落語のお話)があるんですが、これがもう笑えるし、泣けるし。
「ここまで表現できるか!」と、アニメだからこそ出来る落語もあると思わせてくれた。

この作品は自分の世界を1つ広げてくれた作品。

関連商品

6アルスラーン戦記

「アルスラーン戦記」の作品情報

原作・原案 小説『アルスラーン戦記』/田中芳樹
制作 【第1期】サンジゲン
【第2期】ライデンフィルム
話数 【第1期】全25話
【第2期】全8話
放送時期 【第1期】2015年4月~9月
【第2期】2016年7月~8月
公式サイト アニメ『アルスラーン戦記』 公式サイト

概要

東西を結ぶ航路の中心地・エクバターナを王都に掲げ、各国からの人や物資、そして豊かな文化が集まる強国パルス。
この国の王太子として生まれた少年・アルスラーンは、幸福のうちに国を引き継ぐはずだった。
土煙が舞う平原に、パルスの誇る騎馬隊が葬り去られるその日までは・・・・・・。

パルスの豊かな領土を狙って、異教徒の国・ルシタニアが侵攻を開始。
初めて直面する本物の戦いに、不安を隠しきれない“弱気な”王太子・アルスラーン。
彼の不安が的中したかのように、戦場には不穏な空気が渦巻き始める。

アニメ『アルスラーン戦記』 公式サイトより引用。

プロモーション動画

一言レビュー

王道のファンタジーアニメだが、1歩も2歩も深みがある。
戦略・知略・裏切り・信頼・友情……

まず、王太子・アルスラーンが戦いの中で成長していくのだが、この成長を見届けたいと思わずにはいられない。
この後どうなる?と続きが気になるストーリーに虜になる。
そして、登場するキャラクターは勇ましく、信念があり、かっこいいのだ。

戦闘シーンのアニメーションは息を呑む程に迫力がある。

ヤシャシーーーーン!!!!

これは観ればわかるが、一緒に叫びたくなるのだ。

この作品の物語は”各人が正義の為に動くいている”から面白い。
その中で、「話がどう転がるか」「アルスラーンがどう成長していくか」を楽しみながら観れる作品だ。

関連商品

5新世界より

「新世界より」の作品情報

原作・原案 小説『新世界より』/貴志祐介
制作 A-1 Pictures
話数 全25話
放送時期 2012年10月~2013年3月
公式サイト アニメ『新世界より』番組サイト

概要

1000年後の日本。人類は「呪力」と呼ばれる超能力を身に着けていた。

注連縄に囲まれた自然豊かな集落「神栖66町」では、人々はバケネズミと呼ばれる生物を使役し、平和な生活を送っていた。
その町に生まれた12歳の少女・渡辺早季は、同級生たちと町の外へ出かけ、先史文明が遺した図書館の自走型端末「ミノシロモドキ」と出会う。

そこから彼女たちは、1000年前の文明が崩壊した理由と、現在に至るまでの歴史を知ってしまう。
禁断の知識を得て、早季たちを取り巻く仮初めの平和は少しずつ歪んでいく。

Wikipedia『新世界より (アニメ)』より引用。

プロモーション動画

一言レビュー

25話構成の小説原作SFファンタジー。

この作品に関しては最後の最後まで見ていかないと面白さが伝わらないかもしれない。
序盤は割りとほのぼのとしたストーリー展開なのだが、後半に向かうにつれて勢いを増し、最後の最後で突き抜ける。

途中、同性愛の描写もありとっつきにくいかもしれないが、そういったこともあり得る未来。これが可笑しいというのも未来の話では先入観でしかない。
その点も含めて、この作品は1000年後という世界設定がとても細かい。

全体を通して、動物と人間、人種差別、命のやりとり、生命の尊さなど1つのストーリーを通して訴えてくるものがある。

何度でも言いたいのだが、序盤で観るのを辞めてしまうのはもったいない。
とにかく世界設定の理解をしながら話についていってほしい。

この作品に関しては物語の構成上、どうしても序盤がつまらなくなってしまう。
なので、最後まで見て1つの物語でありメッセージがある作品。

関連商品

4へうげもの(ひょうげもの)

「へうげもの(ひょうげもの)」の作品情報

原作・原案 山田芳裕(10話まで。以降は原案)
制作 ビィートレイン
話数 全39話
放送時期 2011年4月~2012年1月
公式サイト NHKアニメワールド「へうげもの」 公式ページ

概要

戦国時代、織田信長、豊臣秀吉に仕えた戦国武将・古田織部を主人公として描いた歴史漫画作品。
雑誌掲載時の欄外のあらすじでは毎回「これは『出世』と『物』、2つの【欲】の間で日々葛藤と悶絶を繰り返す戦国武将【古田織部】の物語である」と紹介されている。
この時代を舞台にした作品には合戦などの「武」を主題にしたものが多いが、本作は茶道や茶器、美術や建築など、戦国時代に花開いた「美」や「数奇」からスポットライトをあてて同時代を切り取った作品である。数寄についてだけでなく、山田芳裕独特の豪快でコミカルな描写と緻密な時代考証によって、当時の天下の動勢や戦国武将たちの生き様も描かれている。
タイトルにもなっている「へうげる(ひょうげる)」は「剽げる」とも書き、「ふざける」「おどける」の意。「へうげる」は「剽」の字音仮名遣いからきている。各話のサブタイトルは楽曲のタイトルを捩ったもの(元ネタは単行本に収録されている)。

wikipedia『へうげもの』より引用

一言レビュー

お茶と言えば千利休ですが、その時代に活躍した古田織部という実在の人物を切り取った作品。歴史物です。
歴史物というと固いイメージがどうしてもありますが、半分ぐらいコメディです!

「へうげもの(ひょうげもの)」は、なんというかコミカルな笑いとシリアスな笑い。
間の抜けたストーリーと鬼気迫るストーリーとを織り混ぜながら1人の男の人生を描写してます。

シリアスな部分では歴史的な背景だけではなく「豪華絢爛」と「わびさび」など、美や芸術についても深く考えさせられました。

コミカルな部分では…

はにゃ?

大金時がーー!!

とか。とにかくひょうげてる。変顔も必見!笑
11話以降のオープニングも独特で妙に癖になるんですよ。

概要にも書いてありますが、通常は「戦」をメインに表現される戦国時代をあえて別の角度から表現しています。
そういった意味でも非常に面白く、歴史の流れのその裏側を観ることができる作品。

僕に茶道と茶器に興味を持たせてくれました。
この作品も自分の世界を1つ広げてくれた作品にて候(そうろう)。

関連商品

3プラネテス – ΠΛΑΝΗΤΕΣ

「プラネテス」の作品情報

原作・原案 漫画『プラネテス』(ΠΛΑΝΗΤΕΣ, PLANETES)/幸村誠
制作 サンライズ
話数 全26話
放送時期 2003年10月~2004年4月
公式サイト 「プラネテス」公式ホームページ

概要

時代は2070年代(2075年以降)。
人類は宇宙開発を進め、月面でのヘリウム3の採掘など、資源開発が商業規模で行われている。

火星には実験居住施設もあり、木星・土星への有人探査計画も進んでいる。
毎日、地上と宇宙とを結ぶ高々度旅客機は軌道上と宇宙とを往復し、宇宙ステーションや月面には多くの人たちが生活し、様々な仕事をしている。

しかし、長い宇宙開発の歴史の影で生まれたスペースデブリ(宇宙空間のゴミ。
廃棄された人工衛星や、ロケットの残骸など)は軌道上にあふれ、実際にたびたび旅客機と衝突事故を起こすなど、社会問題となっていた。

wikipedia『プラネテス』より引用。

一言レビュー

宇宙のゴミ問題をテーマとしたSF作品。
人々が目をそむけがちなテーマに焦点をあてている。

デブリ課(宇宙ゴミ清掃課)でサラリーマンとして働く「ハチ」と新人「タナベ」が出会い、お互いの考え方に刺激されながら成長していくストーリー。
サブキャラも素敵でキャラクターに非常に魅力のある作品だ。

デブリ課のみんなが大好きだ!

この作品は名言を数々産み出した傑作として未だに評価され続けている。
僕の中で特に衝撃を受けたのが「ここからは国境線なんて見えないのに、ただ地球があるだけなのに。」という言葉。
この言葉に至るまでの経緯が素晴らしいのだ。是非作品を観て噛み締めてほしい。

こういった台詞も含めて様々なことを考えさせられた。このアニメには哲学がある。
非常にメッセージ性のあるアニメで時代背景である宇宙を巧みに使って様々な現代社会の問題点を訴えている。
社会問題、人間関係、労働、夢、人、命、世界……そして、愛。

僕の人生観に少なからず影響を与えた作品であることは間違いない。
本当に一度は観ておくべき傑作なのだ。

関連商品

2蟲師

「蟲師」の作品情報

原作・原案 漆原友紀
制作 ART LAND
話数 『蟲師』 全20+6話
『蟲師 特別篇 日蝕む翳(ひはむかげ)』 全1話
『蟲師 続章』 全10+1+10話
放送時期 『蟲師』 2005年10月~2006年6月
『蟲師 特別篇 日蝕む翳』 2014年1月4日
『蟲師 続章』 2014年4月~2014年12月
公式サイト アニメ『蟲師 続章』 公式サイト

概要

およそ遠しとされしもの
下等で奇怪
見慣れた動植物とはまるで違うと思しきもの達
それら異形の一群を、人は古くから畏れを含み
いつしか総じて「蟲」と呼んだ。

蟲とは、生命の根源に最も近いもの、多くの謎に包まれた幽玄の存在。
世界や人に対して多くの怪異な影響を与える。

蟲師は、その蟲の起こす怪現象に対する施術師としての役割を担っている。

ギンコ 蟲師のギンコは、蟲を引き寄せやすい体質から、一カ所にとどまっていられない為、旅を続けながら、各地で蟲が引き起こす怪異の謎に迫っていく。

ニコニコ大百科『蟲師とは』より引用。

プロモーション動画

蟲師『第1期』の公式動画が見つからなかったので、特別編「日蝕む翳」のプロモーションムービーを引用しておきます。
ネタバレなどはないので、是非ご覧ください。雰囲気だけでも伝わるとは思います。

一言レビュー

蟲師という作品に出会えて本当に良かった。
これが一番の感想です。

独特の世界観。まさに蟲師ワールドがそこには広がっている。
これは観た人にしかわからない。

ただの昔話的な世にも奇妙な物語のようで、各話ごとに強烈な印象を残してくる。

だからこそ30分の話を観終わった後に2時間の映画でも観たかのような充実感を味わえて、いろいろと考察したくなる。
つまり、一話一話がものすごく濃厚。

全話観終わって1年以上経つ今でも何個もの話を不思議と覚えている。

これこそが蟲師の不思議。蟲師の世界。
不気味なような、神秘的なような雰囲気があり、まるでそこにいたような…擬似的に蟲師の世界を体感したと言っても過言ではない。

これは本当に蟲師ならではなのだ。
独特の世界観に没頭して何度でも繰り返し観たくなる中毒性がある作品。

関連商品

1攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX

概要

時は21世紀、第3次核大戦とアジアが勝利した第4次非核大戦を経て、世界は「地球統一ブロック」となり、科学技術が飛躍的に高度化した日本が舞台。
その中でマイクロマシン技術(作中ではマイクロマシニングと表記されている)を使用して脳の神経ネットに素子(デバイス)を直接接続する電脳化技術や、義手・義足にロボット技術を付加した発展系であるサイボーグ(義体化)技術が発展、普及した。
結果、多くの人間が電脳によってインターネットに直接アクセスできる時代が到来した。生身の人間、電脳化した人間、サイボーグ、アンドロイドが混在する社会の中で、テロや暗殺、汚職などの犯罪を事前に察知してその被害を最小限に防ぐ内務省直属の攻性公安警察組織「公安9課」(通称「攻殻機動隊」)の活動を描いた物語。

wikipedia『攻殻機動隊』より引用

「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」の作品情報

原作・原案 士郎正宗
制作 Production I.G.
話数 『STAND ALONE COMPLEX』 全26話
『S.A.C 2nd GIG』 全26話
『S.A.C. SSS』 全1話(長編)
放送時期 2002年10月~2003年11月(STAND ALONE COMPLEXのみ)
公式サイト 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX

プロモーション動画

攻殻機動隊S.A.C.の公式動画が見つからなかったので、関連動画として「攻殻機動隊S.A.C. ONLINE」のプロモーションムービーを引用しておきます。


【攻殻機動隊S.A.C. ONLINE】 プロモーションムービー
NEXON公式チャンネル 配信

ただ、『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』の1話に関しては現在、以下で紹介している『U-NEXT』で無料配信されているようなので、直接そちらを観てもらったほうが良いと思います。(2017年8月8日現在)

一言レビュー

第一期の『S.A.C』と第二期の『S.A.C. 2nd GIG』で全52話のSF超傑作。

電脳。擬態化。サイボーグ。
これらが普及した世界で巻き起こるネット犯罪。

これは遠くない未来の話に感じますが、何が凄いってこのアニメが放送されたのが2002年-2003年ということ。
さらに原作となっている士郎正宗による漫画作品は1991年。この方は天才だと思う。

そんな古い作品なら古臭いんじゃない?と思われそうだが、全く古さは感じない。

作画のクオリティ。バトルシーン。ストーリー。
どれをとっても一級品。いや、特A級だ。

一度このアニメの世界に没頭したら全52話+1話(長編)だがノンストップで観たくなる。
ただ、1話目から専門用語が説明なしに飛び交うので事前情報として理解しておくと話にすんなり入りやすい。
参考:http://www.kyo-kan.net/oshii-ig/innocence/gitswords.html

このシリーズはタイトルの通り『STAND ALONE COMPLEX』という大きなテーマがある。
観終わってからこのテーマの考察などを見るとさらに深まって面白いと思う。

そして、なんと言っても。

トグサ!斉藤!バトー!
そして荒巻課長っっっ!!!

他のキャラも含めてサブキャラが秀逸すぎるよ。
2期では各キャラの深い部分に触れていくので2期まで観てからもう一度1期を観なおすとまた違った味わいが。
もちろん主人公の草薙素子こと少佐もめちゃくちゃカッコいい。

「素子ーーーーー!!」

色々と広い意味で”人間とは”について考えさせられる作品。
僕が今まで観た全アニメで2位の作品なのでかなりオススメ。

是非とも下記の順番で観てほしい。

  1. 「攻殻機動隊 Stand Alone Complex」 全26話
  2. 「攻殻機動隊 S.A.C 2nd GIG」 全26話
  3. 「攻殻機動隊 Solid State Society」 全1話(長編)

関連商品

アニメを視聴するなら動画サービスが手軽でオススメ

今の時代は動画配信サービスがお得感・便利度どちらをとってもオススメです。
なんと言っても、動画を月額固定で視聴し放題。

この動画の月額制見放題系のサービスって一度使い始めたらもう手放せないんですよ。
動作も軽いし、画質はいいし、作品数は多いし、見たいときにすぐに観れる。

スマホでもパソコンでもテレビでも見ることができるので、例えば電車で移動中など場所を選ばずに好きな時に見ることも出来ますね。

しかし、動画配信サービスと一口に言っても多数の動画配信サービスがあります。
「どのサービスがいいかわからない」ってなってしまいますよね。

そんな動画配信サービスが数ある中で僕がイチオシするのが『U-NEXT』です。

なぜなら、『U-NEXT』ならアニメ・映画など総本数120,000本以上と豊富なのはもちろん、雑誌まで無料で読むことができちゃうからです!
つまり、休みの日に出かける予定を立てたりする。なんて使い方も出来てしまいます。

U-NEXT

さらに、登録時にもらえる600円と毎月もらえる1200円のポイントを使って、最新作映画・漫画・小説なども楽しむことが出来ちゃいます!

おまけに、家族アカウントを3人まで追加できるので、最大4人同時にサービスを使うことができます。
これが意外と他のサービスだとできなかったりする!
一部同時視聴非対応作品あり

しかも、今なら31日間も無料で試すことができます。
登録時に600円分の特典ももらえるので、まだ使ったことがないなら試さなきゃ損なぐらいですね。

もちろん気に入らなかったら期限内に解約すれば費用はかからないので安心してください。

あなたも快適なアニメライフを是非体験してみてください。
これ、マジでおすすめです!

U-NEXTの詳細

総配信本数 120,000本以上 ※1
アニメ作品数 1
月額 1990円(税別)
お試し期間 31日間無料トライアル
視聴可能環境 テレビ・パソコン・タブレット・スマートフォン
特徴 話題の最新作~懐かしの名作まで幅広く視聴可能

本ページの情報は2017年8月15日(執筆時点)の為、最新の配信状況などはU-NEXTサイトにてご確認ください。
※1 カラオケを含む

31日間無料トライアルの詳細はこちら ⇒

大人向けおすすめ厳選アニメランキングのまとめ

今回は「大人のアニメ」にこだわってランキングにまとめてみました。

大人向けにこだわったので、惜しくもここに乗せることができなかったアニメも多々ありますが、それはまた次回の記事や別の機会にご紹介したいですね。

紹介したアニメは有名どころも結構ありますが、見たことがない作品もあったんではないでしょうか?
「C」「新世界より」「へうげもの」あたりはアニメ好きでも割りと見てない人多いんじゃないかな。
(勝手なイメージですけど)

今回の大人向けアニメランキングですが、5位以上のアニメに関しては特にオススメできます。
この5作品は必見ですね。本当に傑作!神アニメ!

Wikiなどのあらすじは引用してますが、本来であれば可能な限り前情報なしで観てほしい。
ストーリー性が高い作品が多いので、その方が楽しめると思います。
前述の通り攻殻機動隊の用語を除く

まだ見たことない作品があれば是非観てみてください。

ん~やっぱもう一回見たい作品ばっかりだよっっ!!

次回の「熱い!面白い!本当におすすめしたい”超名作”ロボットアニメ 8選」もお楽しみにっ。

2017年8月31日 追記

連載第二弾ロボットアニメのおすすめ記事を書きました。

君の名は。バナー