一生忘れられない!心に残るアクティビティのおすすめランキングTOP3

レジャー・遊びアクティビティ, レジャー, 遊び

今度の休みはどこ行こうって、いつもウズウズしているコアラ(@hotkoala_)です。

  • せっかくの休みだし、羽を伸ばしてゆっくりしたい!
  • 普段と違う刺激的な楽しいことをしたい!
  • たまの休みだし思い出に残ることがしたい!

お休みの時には外に出て、アクティビティやレジャーなどで身体を動かす遊びや体験をしたくなりますよね。

今回はそんなアクティビティ・体験・レジャーの中でも僕が実際に体験してみて、非常に心に残ったおすすめのアクティビティをランキングTOP3を紹介したいと思います。

アクティビティとは?実際にどんな体験やレジャーがあるの?

この記事をご覧頂いているあなたならもうご存知かもしれませんが、
アクティビティとはどういったものなのか。実際にどんな体験やレジャーがあるのかということを軽く説明しておきたいと思います。

<アクティビティーの意味>

これは、「活動・活気・体を使っての遊び」という意味になります。

活動全般を表す名詞なので、幅広い意味で使われています。
自分の行為全般、スポーツ活動など。
日本では特にリゾート地や旅行先での遊びという意味でよく使われます。

出典:http://whatimi.blog135.fc2.com/blog-entry-570.html

簡単にいうと身体を動かして何かを体験すること。

一般的に広く知られていて、あなたも知っているであろうアクティビティ・体験・レジャーだと「ラフティング」「ダイビング」「バンジージャンプ」などでしょうか。

他にも、アクティビティは様々で、海・山・川・湖・雪山など自然を活かしたものから工芸や陶芸、蕎麦打ちなど伝統や技術を体験するなど多種多様です。

ここでは簡単に触れましたが、他にもアクティビティーや体験はたくさんあります。
他にどんなアクティビティーや体験があるのか興味があれば、この記事の最後に紹介するサイトをご覧頂くと新しい発見があるかもしれません。

それでは、そんな数あるアクティビティの中から僕が実際に体験して、色あせず心に残っているおすすめアクティビティランキングTOP3をエピソードを交えながら発表します。

【3位】シュノーケリング

第3位は「シュノーケリング」。

僕はまだ人生で1度しか体験したことがありませんが、シュノーケリングを体験したことがある方は多いと思います。

僕がシュノーケリングを体験したのは、以前インドネシアのバリ島に旅行に行ったときでした。
こういうリゾートでのシュノーケリングは本当に楽しいんです。

綺麗な海に行ったときは是非ともやりたいレジャー体験です。

特に気持ちがいいのが足ひれ。

もしあなたが足ひれを着けたことがあれば分かると思うんですが、これを着けるだけですごく進むんですよ。

それはもう魚のごとく。

その自由に泳げる状況で、澄んだ海を泳ぐというのはまさに神秘。
とても気持ちいいんです。

僕が体験したのは何年も前ですが、あの青く綺麗な海と、魚が自由に泳ぐ景色は未だに忘れられません。

もしもあなたがシュノーケリング未体験なら、綺麗な海に行った際は是非体験してみてください。
きっと素敵な思い出になると思いますよ。

【2位】スカイダイビング

第2位は「スカイダイビング」。

スカイダイビングを体験したのは僕がカナダに留学している時の話です。
ある日、友人に「スカイダイビングやりにいかない?」と言われたのがきっかけでした。
当時あまりお金がなく、せっかく留学しているのに思い出に残ることが出来てなかったのでスカイダイビングを体験しに行きました。

飛行機に乗り込み、高度を徐々に上げていきます。
僕が体験したのは高度約12,500フィート(約3,800m)からの落下。
飛び降りる前はドキドキですが、飛び降りた直後から無重力空間。

目まぐるしく変わる景色。
スピード感と落ちている感覚に大興奮。

フリーフォールは時間にして約1分なんですが、5分ぐらいは落下しているように感じます。

そしてパラシュートが開かれます。

ここで不思議な感覚に。

落ちているのに上昇している感覚になるんです。

そこからは広がる景色を眺めながらゆっくりと下降。
これが壮大でなんとも気持ちいいんです!最高に興奮しました!

時間にして着地まで5~6分ほどですが、正直30分ぐらいに感じました。

終わった後はテンションがあがりきっていて、「もう一回やりたいっ!」と思っていました。
遊園地の子供のあれですw

僕はカナダでスカイダイビングを体験しましたが、国内でも場所は限られますが、スカイダイビングを体験できるみたいです。

国内でスカイダイビングを出来る場所はこちらで確認でまとめてくださってます。

料金は50,000円ぐらいなのでアクティビティとしては結構高額です。
でも、人生の中で一度でも体験しておいて本当に良かった!と思えるアクティビティでした。
ジェットコースターとか好きな方には特におすすめなアクティビティです。

【1位】ケイビング

第1位は「ケイビング」です。

これは友人とかに話しても知らない人が多いんですが、本当におすすめ。

知らない人の為に説明すると、「ケイビング」は英語で「cave+ing」。

和訳すると「洞窟探検」です。
もうワクワクしてきませんか。

鍾乳洞などが有名で鍾乳洞を見学に行ったことがあるかたは多いと思います。

しかし、日本は山の国で洞窟の数は星の数ほど。
実はまだ未開の洞窟もたくさんあるんです。

そういった「洞窟を探検する」を体験できるアクティビティケイビング。

実際に未開の洞窟を探検するというわけではないのですが、それに近い体験をすることができます。

そう。
まさにアドベンチャー!!

僕が行ったケービングは5~6名ぐらいで探索体験をします。
通常はガイドさんが先頭に立って進むというのをイメージをされると思いますが、そうではありません。
参加者の中から先頭で開拓していく人を決めます。
僕のパーティーは先頭を順番に代えました。
(もうすっかり冒険者気取りです。)

入り口の穴は上の写真でお分かりの通り、大人1人がギリギリ入れるぐらいの大きさ。

中に入ると「洞窟」は鍾乳洞とは違い、人が殆ど立ち入っていない空間。
というか、あんなところ、普通は入ろうと思いませんね。

そして、場合によってはほふく前進で進んだり・・・

ところどころ休憩できるようなスペースがあったり・・・

鍾乳石があったりします。

この鍾乳石を手に取れるぐらい近くでみれるのもポイント。
蓄積された歴史を感じます。

そして一番感動したのは、水。

水です!

この写真ですが、どこから水か分かりますか。

写真だと少し伝わりづらいかもしれませんが、僕はどこから水か分からず水に触れてから気がつきました。

「こんな世界があるんだ!しかも日本に!」と感動。
是非、生で見て欲しいです。

この何ともいえない冒険の香り。
日常とかけ離れたアドベンチャー感。

本当に心に残っています。
また行きたいと思えるアクティビティです。

僕が行った洞窟では、途中で洞窟特有の生物が生息しています。特別害などはないと思われますが、虫などが本気で苦手な方は微妙かもしれません。
あと、小さいお子さんなどは僕はあまりオススメしません。恐らくあまり楽しめないですし、神聖な雰囲気を味わえないと思いますので。

アクティビティ・体験・レジャーを予約しよう!

さて、ご紹介したアクティビティはもちろんですが、休日や連休何かをしたいと思ってる方は是非この機会にアクティビティを試してみてください。

アクティビティの予約をするならこちらのサイトが便利です。
用意されているアクティビティー・体験・レジャーが非常に豊富で、100以上のジャンル、約8,000プランが掲載されています。

■アクティビティジャパン

日本まるごと遊び場宣言!遊び・体験・レジャーの予約【アクティビティジャパン】

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。
今回は僕が今まで経験した中で特に心に残ったアクティビティをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

アクティビティを体験することは日常と少し違った感覚を味わえて非常に刺激的ですし、思い出に残ると思います。

普段とちょっと違う休日を過ごしたい。
思い出に残るような楽しいことがしたいという方にはとてもおすすめです!

今回の記事があなたの休日を充実させるヒントになれば幸いです。

なお、今回ご紹介したアクティビティ・体験・レジャーの中には命に関わる可能性を伴うものも含まれています。
実際に体験される際は自己責任でお願いします。

役に立った!友達にも教えたいと思ったら、是非シェアしてみてください。

こちらからコメント頂けると励みになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加